戦略的ファッションプロデューサー キムラサオリを作る9つのキーワード

「あの人、いつ会っても素敵だなぁ・・・♡」

昔、ファッションコンプレックスだった私がファッションに目覚めたのはそんな『憧れ』からでした。

 


 

こんにちは!
戦略的ファッションプロデューサーキムラサオリです。

1984年6月19日 東京都三鷹市で生まれた私は
幼いころから かわいい女の子 ではなく、お世辞でもかわいいと言われたことががなかった。男兄弟に挟まれ育った私は活発で怪我が絶えないおてんば娘。


△生後7か月ごろと8歳ごろ

 

 

①Fashion(ファッション):ファッションは相手に対する心のマナー

幼いころ憧れたのは リカちゃん人形(ジェニーとティモテも)
私にはない可愛さを持っていて、どんな洋服も着こなし、どんなキャラにもなれる!
それが楽しくてほとんど毎日遊んでいました。

リカちゃんのドレスのほとんどは裁縫の得意な母の手作り。
それが嬉しくてよく「作って!!」とお願いしていたものです。

 

今思うとリカちゃんに自分を置き換えていたのかもしれません。

 

成長しおてんばな私が夢中になったのは ソフトボール
高校部活引退の日まで10年間ソフトボールが常にそばにあり、仲間と一緒に一つの目標を目指すこと、共に味わう苦しさや楽しさや喜びは1人では絶対に味わえません。

それだけ本気になったソフトボールは元々体格の良かった私の体型をより太く、より大きくしていきました。そして、全国出場を果たした後 希望 を無くすことになります。

自分自身の体型に愕然としたのです。

私に足りないことは何か
私はこれからどうなりたいのか
誰かに「変わったね。」「かわいくなったね」と言われたい。
『理想的な女性に変わりたい!!』この想いだけで何の知識もないアパレル業界に飛び込んでいきました。

 

専門学校でファッションビジネスを学び、在学中に(株)ワールドに入社しアパレル販売員として11年間 のべ2万5千人のお客様にスタイリングの提案をしてきました。

販売員当時のこだわりはスタイリングの提案の前に必ず時間をかけてお悩みを聞くこと。
提案時はお客様のペースに合わせ、求める理想を一緒に見つけていきました。
だからこそ、自店の取り扱い商品だけでは対応出来ない時もたくさんありましたが、迷わず違うお店の洋服を勧めていました。
また、手持ちの洋服のみで提案し、あえて購入しなくていい方法をお伝えすることもありました。

(過去記事参考ブログ)https://ameblo.jp/nature-saori/entry-12351291058.html?frm=theme

 

・ファッションの持つ効果を感じてほしい
・私との出会いをきっかけに出会った方とその方を取り巻く方々もみんな幸せにしたい
・ファッションの力を借りてまだ気づいていない『魅力』と『感動』を手にしてほしい

私の使命であり信念です。

 


△起業してすぐ大好きで憧れのイラストレーター大森とこさんに猛烈なアタックをして、オリジナルイラストを作成いただきました。

 


②Closet(クローゼット):似合うがいつもここにある!稼働率99%のクローゼット

販売員最後の1年は、2ブランドの統轄店長でした。
『店長がいなくても売上を作れるお店作りの基盤』は接客ではなく、VMDでもなく、数値管理でもなく「ストック管理」です。

2ブランドそれぞれのスタッフはお互いの商品を把握していない。
ですが、お客様からしたら同じお店のスタッフと認識されるので知らないは許されることはなく、提供スピードが遅いこともマイナスイメージになり 足が遠のきます。
自店の商品を知らないなんて言語道断なんです。

 

クローゼットも同じことが言えます。
稼働していないクローゼットは
・何と何を組み合わせたらいいのかわからない
・何を買い足したらいいかわからない
・タンスの肥やしがある

 

着たい服を探すことが出来なくなり、似たような着こなしでワンパターンになり、結果マンネリ化し、洋服がないと錯覚し購入してしまうのです。

 

『好きで似合う服だけのクローゼット』はそんなことは起こりません。
少ない服でもおしゃれに着まわせることが出来るんです。

△年間100着クローゼット 365日着こなしを変えています

 


③Eco(エコ):永久的な資源はない。やれることから始めよう!

似合うファッションを探し続けていた私は一時期840着所持し、4,5畳の衣裳部屋で管理していました。
ある時、友人から「1枚5000円だとして・・・4,150,000円。。。無駄にしてるって思わないの?」と言われました。

 

ハッとしましたね。

 

無駄ではないんです。似合うものを探し続けた努力でもあります。
しかし、ずっとこのままなわけにはいかないと思い1年間かけて検証しました。

(検証した過去記事)→https://ameblo.jp/nature-saori/entry-12068725080.html

 

検証した結果、1年間の間に4回以上着ている洋服は全体の30%102枚のみでした。
238枚は1-3回とほぼ着ていないんです。(いやぁ、、もったいない。。)

1年間毎日違うコーディネートをしたものも記録していたのでそこからファッションテイストも検証しました。
洋服を着るシーンは4パターン、よく着るテイストは3つあることがわかりました。

この検証を元に

これまでのお客様のよくある悩み、2万5千人のお客様への提案から出てきたファッションテイスト8つに合う言葉を割り出しました。

1つのテイストに8つ言葉があります。

8つのテイスト×8つの言葉=64のワードからなりたいイメージを想像しながら選ぶことでファッション初心者の方でも『ワタシが望むイメージ』がわかるようになります。

初心者の方はうまく言葉にしてイメージを伝えることが出来ないのです。

△男性版もございます

そのためにファッションを”言語化”し”視覚化”させた →パーソナルイメージ診断 を行うことで自分がどんな風になりたいのか。何を望んでいるのか。

より具体的に自分の『好きなファッション』が明確になります。

そして、この診断はセルフブランディングにも役立ちます。

 

起業家のお客様はこの診断から目指すべき方向性が明確になり、シフトチェンジされた方もいます。

婚活中のお客様はこの診断から無理ないワタシらしさが明確になり、理想の相手に出会った方もいます。(翌年にはゴールイン♪これまでに3組おります。)

 

今では受講者数&満足度共にNO1です!!満足度に関しては100%喜びの声を頂いています。

 

 

パーソナルイメージ診断を行うと手放す服も明確になります。

エコとは・・・自然環境保全。また、それらの関心や意識です。

 

手放す服の先にどのように処理するのが最適かを3R(リデュース、リユース、リサイクル)を意識して考えていきましょう。

洋服の大量生産、大量廃棄は深刻な問題になっています。毎日意識できるといいのですが、洋服を手放す時だけでも是非意識されてみてください。

 


④Ethical(エシカル):その1枚の先にあるものに配慮する

①Fashion②Closet③Ecoを踏まえて私はエシカルファッションを推進しています。

エシカルファッションとは環境問題、労働問題、社会問題に配慮した、良識にかなった素材の選定や購入、生産、販売をしているファッションを指すのですが、私は特に『購入』に関して配慮しています。

 

整理収納の理論でもあるように
「整理」とは・・不必要なものを取り除き自分に必要なものを選び取ること

 

ファッションを購入をする際、自分に必要で望むイメージが叶うアイテムのみを選ぶ。
NATureに込めた想いに繋がります。


⑤Personality(らしさ):自分を信じることで自信が生まれる

ワタシらしさを見つけるのは難しいと思われています。

 

昔の私も「こうなりたい!!」と憧れ、たくさん真似をしてきましたが、私はその人にはなれなかった。
真似は真似なんです。
育ってきた環境も考え方もライフスタイルも違います。

 

目指すのはいいですが、
流行や周りに流されることがなく、自分に無理しない。
ワタシを愛して、ワタシを大切にして、ワタシに感謝して自信を持つことで『ワタシらしさ』が魅力となり美しさとなり表れてきます。


⑥Child care(子育て):ストレスフリーな子育ては信じる気持ち

販売員当時、最年少店長だった24歳で結婚、出産をしました。

現代の日本の初産 平均年齢が30,6歳なので6歳若くして子育てスタートとなりましたが、元々20歳で国際結婚、出産を望んでいた私としては遅いスタートでした。

 

娘はもう10歳。
いっちょまえに女子を炸裂しています。笑

 

子育てには色々形があり、子供の個性によっては正解はないと思います。

私が娘の子育てで一番大切にしていることは『信じる』ことです。
不安がつきものの子育て、一つ一つに心配していたらきりがありません。

子どもの吸収力は大人が想像しているよりもはるかに高く驚かされますが、大人が子供を『信じる』ことでより発揮されるのでは?と思っています。

 

娘をみていて一番感じるのは”自分で決めたことに対して弱音を吐かない”ことです。
習い事のバドミントンは多い時で週6練習があります。チームメンバーには関東大会常連選手がいるほど、チームの取り組みは非常に熱心です。
だれよりも足が遅い娘、決してスポーツ万能ではないタイプですが、取り組む姿勢は真面目でガッツがあります。

 

そこまでして頑張るのはどうして?と聞くと「諦めたらそこで終わりでしょ。ママが必ずできるよ!って言ってくれるから頑張れる。」と言っていました。親として嬉しい限りです。

子どもを信じ、やらせてみることで、子供は子供なりに一生懸命考え行動します。

(参考過去記事)https://ameblo.jp/nature-saori/entry-12391984456.html?frm=theme

 


⑦Education(教育):夢を語りたいとき、夢を持った人に話したいよね

次世代のママになる10-20代の女性には漠然とした不安があります。

大人の身勝手で夢を持てなかったり、諦めたり、何より悲しいのは”夢を語れる大人がいない”ことなのかもしれません。

母校の中高生400名に向けてキャリア講演会『在学中~今に至るまでの軌跡~』をした時のこと
「気持ちが楽になりました」「夢を諦めようとしていた」「勇気がわいた」「トコトン頑張ってみようと思います」など、10代の若者の素直でまっすぐな感想をたくさんいただきました。

この時の講演会以来、教育現場において『女性の起業』も選択の1つだということを伝えていきたいと強く想いました。


⑧Mother(母):守るべきものが出来たとき、成長と共に強くなる

母になったことでより自分と向き合い
母になったことでより人生を考え
母になったことでより世の中の為になりたいと思い
母になったことで初めて自分以外の人で守りたいと思えました。

 

働きたいけど一歩踏み出せずにおり、働ける環境にない人が全国に300万人いると言います。

『働き方』は様々ですし、稼ぎ方も様々です。
人が動くことに大きな価値があるので怖がらずに是非一歩踏み出してほしい。

 

笑顔で働きたいママのフェスタの運営をしたとき、働くママのパワーウーマンの持つ力の大きさやエネルギー、愛を感じました。
ママの笑顔は世界を救います♪

(参考過去記事)https://ameblo.jp/nature-saori/entry-12229156397.html?frm=theme

 


⑨Woman(女性):女性であることを心から楽しむ

私は私が好きです。

 

ですが、前からそうだったわけではありません。
以前の私は女性であるのを隠すようなこともしていました。

 

キムラサオリを作る9つのキーワードが点でバラバラとしていましたが、
私が女性であることで私という存在を受け入れたことで全てがつながりました。

1人1人の女性が母になっても輝き続ける社会の実現に向けて
私自身も輝いていられる存在で居続けます。

NATure(ナチュレ)に込めた想いと約束

流行や周りに流されることなく、着ていて「気持ちがいい」「楽しい」と感じるファッションは
”自分に無理をしていない”証拠です。
ワタシを愛して、ワタシを大切にして、ワタシに感謝して自信を持つことで『ワタシらしさ』が魅力となり美しさとなり、自然な笑顔がうまれます。

NATure:ワタシらしく あなたらしく 自然体に

True Action is Now only…
TrueANALYSIS-正確な分析
TrueCHOICE-正しい選択
TrueCOST-本当の価値
TrueBEAUTY-本当の美しさ
COMETrue-実現
DREAMS COME True-夢が叶う

幸せはお互いの”HAPPY”の連鎖です。

NATure代表 キムラサオリ